ダポキセチンを成分とするお薬情報

ダポキセチンを成分とする薬は日本ではプリリジーがありますが、インドなどで製造されているものは医療機関などでは手に入れることができないので、日本製のジェネリック医薬品を購入することになります。
日本製のジェネリック医薬品は1錠あたり300円程度安い価格で手に入れることができますが、それでも1錠あたり1200円程度するので、ダポキセチンを毎日服用する場合にはかなり高額になります。そのためダポキセチンの薬を必要とする人の中には個人輸入をしてインドで製造されたダポキセチンの薬を購入する人もいるのですが、偽物が流通しているので安易に利用すると健康を害する恐れがあるので慎重に業者を選択しなければなりません。
ダポキセチンはSSRIの薬なので早漏を防止する効果が強く、副作用も少ないことから世界中で人気となっていて、流通量を非常に多いことから偽物を製造している業者も数多く存在しています。本物のダポキセチンを手に入れるためには医療機関から購入する方法がありますが、保険が適用されないので1錠あたり2000円程度かかります。日本で製造されたジェネリック医薬品に関しても購入はできるのですが、価格がほとんど同じなので、あまり普及していません。
個人輸入を利用する場合には直接メーカーから購入している業者を選ぶことが重要で、直接購入していると確実に本物を手に入れることができるので、偽物が送られてくる恐れはありません。

ダポキセチンを個人輸入する男性

しかし輸送している間にすり替えられる可能性もあるので、輸送経路を検索することができる個人輸入業者に委託するのが一番確実です。問題点としては副作用が出た場合の責任で、個人輸入業者は委託されただけなので副作用等が起きても責任をとることはありません。