性機能障害に効果的なダポキセチンで膣内射精ができる

ダポキセチンは性機能障害による早漏を防止するために服用される薬で、効果が発揮されると膣内射精ができるようになるので男性が原因の不妊症を改善することができます。
早漏の人は亀頭部分が刺激に弱いので挿入する前に射精してしまうことが多く、挿入できたとしても女性が興奮する前に膣内射精をしてしまうので、妊娠する確率が非常に低くなります。
膣内射精をしても女性の体が興奮していないと受精する確率が非常に低くなるので、不妊になることがあります。ダポキセチンは性機能障害を改善する効果がありますが、SSRIの薬なので服用する場合には医師の指導にしたがって副作用などに注意をしながら服用しなければなりません。
ダポキセチンを服用すると亀頭の感覚が鈍くなるので性機能障害が改善して射精までの時間が3分程度長くなります。
副作用としては性欲の低下や感情の起伏がなくなることなどがありますが、セックスをする時だけに服用する場合にはほとんど副作用はありません。

布団の中のカップル

SSRIは一般的にはうつ病やパニック障害などの薬として処方されているので、精神科などに通院をしている場合には同じ作用を持つ薬が処方されていないか確認をしないと、作用する部分が同じなので血中濃度が高くなりすぎる場合があります。
また未成年の場合には脳が成長している段階なので成人とは違う作用が出ることがあるとされているので、処方されることはありません。内服薬が服用できない場合には亀頭に塗るタイプの薬があるので、セックスの直前に亀頭周辺に塗ることで射精の時間を長くすることができます。局所麻酔薬を含んでいるのでコンドームをしないと触れた部分が軽く痺れる場合がありますが、ほとんど問題はありません。